HOME | news | 新聞掲載 | オブジェ「思想」


オブジェ「思考」
-時空の表象-


第34回愛媛出版文化賞
奨励賞受賞
 

編者:矢原繁長・妹尾次郎・星川陽二・伊藤久門
発行:2017年12月25日
発行者:妹尾次郎
発行所:オブジェ制作記録委員会

 
 
愛媛出版文化賞のぺージはコチラLinkIcon


 

新聞社コメント

思索的作風 共に考える

奨励賞を受賞することとなった「オブジェ『思考』―時空の表象―」は、よく磨かれた鉄の平面3枚を母校の新居浜西高校の中庭に設置した時の記録をまとめた、大阪府在住の前衛作家矢原繁長氏の記念冊子である。
 部門賞作とは反対に学会誌の抜き刷りのようにそっけないデザインである、が、オブジェとは何かとか、この作品が何を表現しようとしているのかとか、彫刻とは何かとかを、専門家と共に考えようとしている点が注目され、詩的で思索的な氏の作風的特色がよく出ているものとして評価できるものである。